iPhoneのスペックを比較して性能の良さを知る

婦人

もしもの時から守るケース

携帯アクセサリー

iPhone6sを始めとするスマートフォンケースが現在世界各国で販売されています。ケースをすることで、手元から落下させてしまった場合に傷を防ぐことや故障を防ぐことにも繋がります。ケースの素材は、シリコンやアルミ、ジュラルミンなどの種類があります。ほとんどの商品は、耐衝撃性を意識してつくられています。それ以外では、防塵や防水といった処理が施されたものもあります。iPhone6sのケースを購入する場合は、以前の世代とは互換性がないものがほとんどであるため注意が必要です。逆にどのサイズのスマートフォンでも対応できるといった種類のケースも存在します。

iPhone6sのカメラは、最近テレビでも新しく登場した画素数の4Kが搭載されています。そのため、その性能は最新のデジカメにも匹敵するほどの画質で撮影することができるようになっています。iPhone6sは、以前の世代に比べると非常に薄くなっていますが、それにも関わらず重量が増加しています。その原因としては、タッチパネルの指圧を感知するセンサーが搭載されただめだと言われています。iPhone6sからは新しく3Dtouch機能が実装されました。この機能によって、メールなどを開かずにプレビューで中身を見たり、チャット欄などに表示されたURLもサイトを開かずにプレビューが見ることができたりするようになりました。それに伴い、iPhone6sのケースもその機能をそのまま活かすことができるものが開発されています。